最近は旅に出ることも出来ず、巣篭もり状態。過去の旅を思い出してみました。この頃は航空会社比較に凝っていました。三亜から廈門経由で成田へ。

無数に有る中国の航空会社ですが、それぞれ個性があり乗り比べが楽しいです。中国南方航空・中国東方航空・深セン航空、海南航空と言ったメジャーな航空会社もそれなりに良いのですが、今回は廈門航空を利用しました。比較的大きい航空会社ですが、利用された方はそう多くないのではと思います。ラウンジも接客もすごいスピードで進化しています。

(写真:ラウンジ内から望む 三輪車のおじさんが中国らしさを感じます)
th_DSC07448
今回のフライトは三亜⇒廈門⇒東京成田を利用しました。




◻️  廈門航空
中国福建省廈門をハブとする航空会社。
中国南方航空の子会社でスカイチームに所属しています。(2020年現在は所属していない)
保有機材は200機を越え60以上の都市に就航。航空会社コードはMF。

th_IMG_5295
三亜から廈門はボーイング737−800型機

座席はエコノミーの1列目。客室乗務員さんもわざわざ挨拶に来てくれました。

スカイチームの上級メンバーには廈門航空キットを渡しています。
中には新聞(中国語)ミネラルウォーター、ウェットティッシューが入っています。特に素晴らしい物が入っている訳ではないのですが、ちょっとした心使い、何だか特別扱いされたようで少し嬉しく感じます。単純ですみません

お隣の方からは、何でこの人だはもらえるんだろうという目で見られます。
この頃はスカイチームゴールドだったのですが、こういった上級会員へのさりげないサービスが出来る航空会社は中国で初めての経験でした。
th_IMG_5302

機内食は中国国内線で良くあるパターンですが、以前に比べるとかなり良くなりました。

中国の漬物小袋はいつもながら残してしまいます。
th_IMG_5304

機内誌にはボーイング787型機の写真。廈門航空はボーイング機材のみ保有しています。
th_IMG_5308
安全のしおりには乗務員さんのイラスト。
th_IMG_5313
廈門高崎国際空港ではタラップ利用。
th_IMG_5391

ラウンジに向かいます。廈門航空ファーストクラスラウンジです。搭乗口の有る階から、1階にエレベーターで下りて行きます。
th_DSC07443
th_DSC07445

ここのユニフォーム個人的にはセンスいいと思うんです、、なんと言うかこのレトロ感
如何でしょうか?
th_DSC07444

明るく広々としたラウンジ。おまけにガラガラ状態がい心地良いです。
日本のカードラウンジに比べると、断然清潔感や静けさ、食事類ともレベル高いです。
他の中国系航空会社とは違い上品です。

スカイチームで比較しても桃園空港のチャイナエアラインラウンジより良いと思います。
th_DSC07450
th_DSC07452

チャイナ雰囲気満載です。オシャレにまとまってるラウンジ。
th_IMG_6349
th_IMG_6354

マッサージチェアーも数台。しっかりと動いて足の疲れを癒していただきました。
th_IMG_6356
搭乗口へ向かいます。今日の機材はボーイング787ではなく
th_IMG_6362
こちら737です。
th_IMG_6500


客室乗務員さんの対応も丁寧。つっけんどんな中国系航空会社が懐かしくも感じます。
th_IMG_6503

この機材には中国名称が付けられているらしい。
th_IMG_5301

SDGsにも折り組んでいる。中国南方航空傘下の会社にしては上出来です。機内食も美味しくいただけました。廈門航空と海南航空は将来有望と思います。

今はスカイチームには属していないようですが、お手軽な価格のチケットも出回っているようですので
今後機会があれば利用させていただきます。
th_IMG_6513
th_IMG_6514