長崎の次は大分湯布院へ向かいます。今更ながら初めて利用する特急『ゆふいんの森』いつの日かと思いながら身近な存在故に今日迄利用する機会がありませんでした。